五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


生老病死の四苦を超越するために

calendar

(前略)本心と業想念の区別がはっきりついてくる
ということが、個人としての
この祈り(世界平和の祈り)での最大の効果なのです。

本心は常に生命そのもの、
神仏そのものでゆるぎないもの、
業想念は常に揺れ動き、諸行無常的なもので、
現われては消え去ってゆくもの。

こうしたことがはっきりわかってくると、
生老病死、つまり、
生きる苦しみ、
老ゆる苦しみ、
病む苦しみ、
死の苦しみ、
この四苦がいつの間にか超越できるまでに
心境が澄んでくるのです。

どんな不幸も苦しみも、現われれば消え去るもの、
そして本心(神)は、永劫に光り輝いているもの、
と思い定めている心境になり切れるように、
知らぬ間になれてくるのです。(後略)

五井昌久著『霊性の開発』より

関連記事

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...