五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


宇宙究極の光の一筋としての使命を果たすために

calendar

(前略)人間というものは、
肉体の中にいるんじゃなくて、
みんな”一筋の光”が
肉体という場に
宿っているだけなんですよ。

一筋の光なんです。

その一筋の光を支えて、
守護霊守護神が
光明体で取り巻いて、
その一筋の役目を完うさせよう、
完全にさせよう
として護っているわけなんです。

だから
守護霊守護神を知らなければ、
一筋の光が完全に使命を
完うすることが出来ないんですよ。

それが私にはわかったわけなんです。

それで守護霊守護神さん
ありがとうございます、
と常に感謝しなさい、
と教えるわけです。

そう教わった人がやっていますと、
知らないうちに
なんとなく心が豊かになる。
なんとなく安心立命して
ゆくわけですよ。(後略)

五井昌久著『我を極める―新しい人生観の発見』より

関連記事

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...