五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


嫌だなと思ったときには

calendar

(前略)嫌なら嫌で、ひとまずそれは置くのです。

ですから思ったら思ったでいいから、「ああこれは過去世の因縁で何かあったのだな、どうか守護霊さん守護神さん、両方がよくなりますように、二人の天命が完うされますように」と、肉体人間にではなく、守っている守護神さんに頼むのです。

そう頼みつづけていると、必ずよくなります。あるいは、その人と離れる形になります。

環境が変わってくるのです。取引でも何でもそうです。

徹頭徹尾、向こうの守護霊守護神さんにお願いしてしまうのが一番です。

向こうの天命を完うせしめたまえと祈ることは、こちらの守護神が向こうに力を貸していることになります。光を入れていることになります。

光が向こうに入ると、向こうでもこちらに光をくれます。

ですからお互いのために、まず向こうの守護神さんに、天命が完うされますように、と祈るのです。

そうすると、ある時間が経過すると、うまく解決してくれます。(後略)

五井昌久著『白光誌1967年6月号』より

関連記事

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...