五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


誰もを神と見る練習

calendar

(前略)

誰でも神さまの使いとして見てごらんなさい。

そうすると、神さまの使いになっちゃう。

みんな自分の前に現われるものは、全部神さまの使いであることに間違いないんです。

地獄の使いと思えば、地獄の使いになる。

その練習なんです。

その練習も常に、守護霊さま守護神さまにつながって、守護霊さまありがとうございます、守護神さまありがとうございます、と感謝の想いがなければそこに行かない。

やさしいことですよ。

守護霊さんありがとうございます、守護神さんありがとうございます、とお礼を言うのはわけないですよ。

いい加減にやっていても、だんだん本当になってきちゃうから。

(後略)

五井昌久著『光明の生活者-五井昌久講話集3』より

関連記事

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...