五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


カルマを相手にしないこと

calendar

(前略)

どのような業想念(カルマ)波動が

自分の前進を阻もうとしても、

その業(カルマ)の波を

相手取っているようでは、

真の平和世界は樹立しません。

業の波動は、

神のみ心のひびきでも、

実在の波動でもなく、

人類が神のみ心を離れて

独り立ちしようとしたときから

巻き起こされた波動なのですから、

人類が再び

神のみ心に入り込んでしまえば、

そのまま、いつの間にか

消え去ってしまうものなのです。

(後略)

五井昌久著『霊的存在としての人間』より

関連記事

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...