五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


愛の原則を知る

calendar

(前略)

あんなに愛していたのに裏切った憎い奴、という式に、自分の愛が充たされぬと、相手を憎んでしまうのが、世の常の人の想念には多いようです。

これは愛する、ということが、光を他に与えることである、という神のみ心、つまり原則を知らないからなのであります。

神さまはすべてを与えっぱなしに与えつづけております。

神さまは与えつづけて、何ものからも、その報いを受けようとはなさっていません。

愛とはそうした神のみ心であって、人間は愛の行為によって、神のみ心と一つになり得るのです。

(後略)

五井昌久著『霊的存在としての人間』より

関連記事

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...