五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


光の門が開かれる時

calendar

(前略)光は業より強いのですよ。

けれど人間はそうは思わず、業のほうが強いものだと思っている。

それは間違いです。

この誤った考えを正すには、内なる光、守護霊守護神のことをひたすら想うことです。

これをつづけて行じていれば、業は自然に消えて、安心立命の境地を得られます。

どんな災難や病気や障りが来ようと、自分の魂を守護霊さんが強くしようと訓練されているのだ、と思い定めることです。

そのように思えれば、どんな苦しみも災難も障りも、すべて自分を強くする修行になり、結局自分は強くなるわけです。

おれはダメだ、ああ切ない、恨めしいと思うだけならば、それは業になってしまうのです。

神さまは悟らせるために人間の魂を鍛えます。

何もしないで、努力なしで楽をして、悟りを開こうと思うのは誤りです。

どんな仕事であろうと、二十年、三十年の月日を努力し苦労して、初めて完成の緒をつかみ得るのです。

完成への最短距離は、守護霊さんにすがってしまうことなのです。

そして、現われてきた悪いことは、過去世の因縁が現われて消えてゆくのだ、これで消えるのだと想い、これでよくなるのだ、必ずよくなるのだと一生懸命想うことです。

いくら想っても想っても、もうしようがないと思う、最後の瀬戸際が大事なのです。

苦しみの極みの、その次の瞬間に、光への門が開かれるのです。

陰極まる時は陽となる時なのです。

苦しいときは過去の業が大きく消えてゆく時なのです。

苦しみが大きければ大きいほど、業が大きく消えてゆくのですよ。(後略)

五井昌久著『生命光り輝け-五井昌久講話集1』より

関連記事

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...