五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

他者に対する不調和感情を乗り越えて神性意識を生きるために(前半)

投稿日:

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

他者に対する不調和感情の真の原因を知る

宗教信仰者が本心と業想念の判別が出来ない場合の特徴としては、他者批判に傾き、過ぎたる自己主張に走る傾向があるようです。

その精神状態というのは、私自身の体験してきたところでもあるので、その想いが手に取るようにわかります。

五井先生は『人間と真実の生き方』のなかで、ハッキリと説いておられます。

「この世のなかのすべての苦悩は、人間の過去世から現在にいたる誤てる想念の消えてゆく姿である」と。

この箇所が重要なポイントなのですが、この部分を他人(ひと)ごととして読むと、五井先生の神(真)意=苦悩の根本原因を見誤ってしまいます。

この箇所に述べられているすべての苦悩とは、その苦悩を感じている当人の過去世から現在にいたる誤てる想念に原因があるということを書かれているのであって、他人は一切関係ないのであります。

ですから「これはあの人の消えてゆく姿だ、自分は悪くない」とか、「あいつの消えてゆく姿で自分が不幸になった」などという想いの用い方をするための言葉ではないのであります。

他人の消えてゆく姿は、その人の守護の神霊が消してくださるために現わし消している姿なのであって、こちらの関知するところではありません。

また、そこへ土足で踏み入りジャッジすることなどは、その方の守護の神霊からすれば余計なお世話以外の何ものでもなく、こちらには本来なんの関係もない、あずかり知らぬところなのであります。

それは言葉を替えれば、他人が何を想い、どのように語り動いていたとしても、それを見て自分自身が何かを想う、その想いの発生する原因は自身の過去の記憶や想念習慣にあるのであって、他者のせいに帰す類のことではない、ということです。

同じ人間を見て、ある人は不愉快な感情想念をもよおし、ある人はなんの悪感情ももよおさない、などということがあるのは、そのよい実例であります。

他者に対して、不愉快や怒り、妬みや憎しみなどの感情が湧き上がる場合には、自分の内面に原因があるのです。

他人とは、それをわざわざ映し出し見せてくれている、【鏡の働きをしてくれている存在】以外の何ものでもありません。

それは家族や学校や会社ほか様々な組織の動きも、区市町村・都道府県・国家群の動きも例外ではありません。

すべての存在に対して、何を想うかの責任は自分自身にあるのです。(つづく)

 

 

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.