2014-12

詩・詞

地球

地球は永い間黙って 大地と云ふ自分の皮膚の上で 勝手気ままに荒れ回ってゐる 肉体人間と云ふ幼い生物をみつめてゐた   其の昔天空からの依頼で天体の分身なる小さな光の魂たまをあづかり 天地協力して創りあげた二つの生き物 それが肉体人間の女をみ...
スポンサーリンク