2016-09

スポンサーリンク
著書

守護霊と俱なる生活を

(前略) 私の一番知ってもらいたいことは、人間一人一人には、必ず守護霊が守っていて、祈れば必ずなんらかの方法でその人の問に答え、あるいは導いてくれるので、その守護霊の注意や指導に素直にしていれば、必ずその人は人間の道を全うするというこ...
著書

『一生懸命に生きる』 ~ そのプロセスが一番大事

(前略) 皆さんがここに一人一人いらっしゃるけど、一人一人の形の人は、実は出店に過ぎないんです。出張所ですよ。それで皆さんは全部出張所所長なんです。 この体は波ですからね。波の一番末端です。波が細かくなるにつれて、一番上...
著書

すべてを創造したひびきを己が意識として生きる時代が来た

(前略) 言(ことば)が神そのものであり、光そのものであり、すべてを創り出した“ひびき”そのものでありますから、この言の中に入り込んでしまえば、すべての力が人間にも備わるわけなので、そうすればよいわけです。 古来からの聖...
著書

生命の本質に基づいた信念を強化しよう

(前略) 神を離れた肉体頭脳の中でつくりあげた人生観や世界観で、この地球を進化させようとしても、とうてい及ばない時代に今はなってきておりますのに、いまだに地球世界は目覚めずに、神の存在を否定し、人間の能力を信じ切っています。核兵器まで...
著書

悪や不幸を欲しないなら……

(前略) 悪や不幸や戦争など欲していない人間が多く住んでいる世界で、どうしてこうも、悪や不幸災難に充ち、いつも戦争の脅威にさらされているのでしょう? 自分自身が、そうした悪や不幸災難の世界を少しも抜け出ようとはしないで、...
著書

言葉の重要性

(前略) 私どもが毎日使っております、この言葉というものの中には、想念波動のひびきも、実在の世界の言(ことば)(光)のひびきも混じっているわけなのですが、得てして人々は、汚れた業想念波動の言葉を使いたがります。(中略) ...
著書

太陽への感謝

(前略) 肉体人間の力では、水の一滴、少量の空気でさえも、神の基本的要素を使わなければ、生み出すことが出来ないのです。 その事実を正直に見つめる必要があるのです。 その事実を正直に見つめてまいりますと、何も...
著書

神様の特質

(前略) 神様の光というのはどういう光かというと、明るさですよ。 光がついて暗かないでしょ。 電灯のような光じゃないんだからね。 神様の光は太陽よりももっと明るい光なんです。 その神様の子は、明るくなけ...
著書

連続する今がつくっている運命

(前略) 人間の運命は、潜在意識、つまり録音機に、過去からの想念行為が吹きこまれていて、それが次々とこの世の運命や性癖として現われてくるので、今その現われをどう抑えようとしても仕方ありません。 それはそのまま守護の神霊に...
著書

神の世界に生きるために知らなければならないこと

(前略) 自己の身近にいかなる悪と見え、不幸と見えるような事態が起こっていようとも、自己がこうして生かされていること、そのことそのものが有難いのだと思える人、その人の環境からは、悪と見え、不幸と思える事態は、必ず速やかに消え去ってゆく...
スポンサーリンク