2016-09

著書

本当の自分を知り現わす

(前略) 悪をつかんではダメ。悪は間違った想いの消えてゆく姿。実在するものではない。ですから本当の自分だけをつかめばよい。 本当の自分とは何か。上機嫌の自分です。明るい自分、柔和な自分、光り輝いている自分です。 ...
著書

相対界から絶対界へ

(前略) 自分とか相手とかいっているのは、相対世界のことなのですが、形の世界はすべて相対界であって、絶対界は形の姿としては見当たりません。 そこで人々はどうしても相対界から抜け出し得ません。私のほうが、あなたのほうが、と...
著書

みんな初めから神様だ

(前略)神様になった というのは、 おかしいことでは ありませんよ。 誰だって、 人間はみんな 神様なんです。 それを知らないだけ の話であって、 神様になる ということは...
スポンサーリンク
著書

神々とは

(前略)大神さまからいろいろ分かれた神々があります。 神々があって、ようするに金星の長老のように、地球界救済のためにいろんな聖者を送っている元締めがいます。 その元締めと、この地球界で働いている人に差があるか、というとないんです...
講話(書き起こし)

付き合ってゆくうちによくなってゆく人になってほしい

(前略) 付き合ってだんだん嫌になるような人は駄目よ。 付き合ってだんだんだんだんよくなるような、そういう人に、みんなもならなけりゃ駄目ですよ。 付き合って初めは肌触りがよくて、「なんていい人でしょう」なん...
著書

人は誰でも永遠の生命

宗教の道というのは、永遠の生命を自分のものにする道なのです。 肉体の人間というのは、永遠ではなく、五十年八十年の生命です。近頃長生きの人が増えましたけれど、大体百以下の生命です。 ところが実際の人間の生命というの...
著書

統一修業会によせて

世界人類が平和でありますように 如来印を結んで みんな静かに坐つている 此の世の生活のそれぞれの 悩みや疲れや悲しみの 想いの波の黒雲は 今は全く神々のみ光に融け 人々はおのおののいのちのリ...
著書

形に把われない信仰を

(前略) 一番大事なことは形でなくて心の問題です。心がいつも明るく素直に神様を敬いながら、人々と親しみながら、楽天的な気持ちになって、要するに神様の愛を信じて、神様に全部任せて、悠々と自分の天命を完うしてゆけばいいのです。 ...
著書

動かなければいられなくなる心とは

(前略) 本当の意味で神さまのみ心に入っていれば、その人は動かないではいられない。しかも無駄な動きはしない。動いているけれども無駄ではない。すべてがピッピッと叶ってゆくように、自然になるわけです。(中略) 宗教の教えを聞...
著書

政治をよくするためにも私たちが立派になろう

(前略) 政界をご覧なさい。与党と野党に分かれていますが、野党がダメだダメだとさかんに突いています。どうして人のアラばかり突いて、人の足を引っ張らなきゃいけないんでしょう。 そうしなきゃ、自分が偉くならないと思うんでしょ...
スポンサーリンク