五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

神々とは

投稿日:2016年9月17日(土)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)大神さまからいろいろ分かれた神々があります。

神々があって、ようするに金星の長老のように、地球界救済のためにいろんな聖者を送っている元締めがいます。

その元締めと、この地球界で働いている人に差があるか、というとないんです。

差があるようでないんです。

 

金星の長老と五井先生とには差があるか、というとないんです。

同じものなんです。

金星の長老と大神さまと違うかというと、同じものなのです。

わかりますね。

むずかしいみたいだけど、むずかしくないですよ。

 

五井先生と斎藤さんと違うか、といったら違わない。

斎藤さんとあなた方と違うかといったら違わない。

みんな神々なんです。

これが真理なんですよ。

神々というものは、そういうものなんです。

 

私とあなたと違いやしない。一つも違わない。

違うのは何かというと、想いだけなんです。

想いが勝手に、「違う」と思っているんです。

その想いを全部、世界平和の祈りの中へ投げ出してしまえば、同じになってしまいます。

 

全部、五井先生になっちゃう。

全部、金星の長老になっちゃう。

全部、天之御中主大神になるんです。

それが神道の極意なんです。(後略)

五井昌久著『講話集〈1〉神様にまかせきる (講話集 1)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.