2016-01

NO IMAGE 著書

過去である現在と未来を創る今

(前略)現在の生活環境も、 現在の統一の状態も、 すべて過去世のものであって、 今のあなたの心の状態を示すものではない、 今のあなたはこれからの人生、 老年のひとは来世のための 光明の蓄積をしつづけてゆく...
NO IMAGE 著書

世界を立派にするための人間の役目

(前略) 現われてくるものはすべて、 過去世から現在に至るまでの 因縁因果の波なのですから、 そういう因縁因果の波に関係のない 実在世界の光明、 神霊波動のひびきを この世に現わしきることこそ、 ...
NO IMAGE 著書

統一時の雑念への対処法

(前略) 祈りをしているときに起こる雑念は、すべて消えてゆく姿としなければいけません。 祈り言を何たびとなく唱えて、想いが本心に統一してゆこうとしているとき、しきりに雑念が湧き起こってくることがよくあります。 ...
NO IMAGE 著書

根本的な思い違い

(前略)人間は生命そのものであり、神界も霊界も幽界も肉体界も、その生命の働き場所であるのですが、人々が肉体の場から見ておりますと、肉体にだけ生命が働いているように思えるのです。 そこの思い誤りが、人類が悲惨な歴史を繰り返している、根本...
NO IMAGE 著書

嫌だなと思ったときには

(前略)嫌なら嫌で、ひとまずそれは置くのです。 ですから思ったら思ったでいいから、「ああこれは過去世の因縁で何かあったのだな、どうか守護霊さん守護神さん、両方がよくなりますように、二人の天命が完うされますように」と、肉体人間にではなく...
NO IMAGE 詩・詞

少年

少年は空を愛していた 手もとどかぬ 無限の高さ 無限の広さ その空の中に 少年の心はいつも住んでゐた その青の色は少年の笑顔であり その灰色は少年の泣き顔である そして太陽は少年の父で...
NO IMAGE 詩・詞

白光の歌

大空にみなぎる慈愛 地の上の人ら浄むと 紫の雲にうちのり 白光と輝きわたる 人の子ら諸手(もろて)をあげて 仰(あお)ぎみよ 光をあびよ ほめ讃(たた)へ 歓喜に歌へ 夜明けなり 汚(けが)れし世々の 人も...
NO IMAGE 詩・詞

永遠(とわ)の光

自然に開く花のごと 時来て目覚む神ごころ 祈りの道は深けれど やがていのちの泉得む ひとそれぞれの性のまま 目指すは高き神の庭 導きたもうみ使いは 天にも地にもおわすなり おの...
NO IMAGE 著書

大神さまと守護神・守護霊の大愛

大神様のみ心は、大愛であることを皆さんは常に憶(おも)っていて下さい。 そしてその大愛のみ心は各守護神として、皆さんの運命を守り、国家民族の運命を切り開く大いなる力となっていることを知っていてください。 大神様は厳然として存在さ...
NO IMAGE 著書

地球が平和になった暁には

(前略)この地球を完全に、 宇宙のために良い星にした場合、 今度はちがう星に行くのです。 ちがう星に行って、 又ひと働きするのですよ。(後略) 五井昌久著『白光誌1975年6月号』より