五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


少年

calendar

少年は空を愛していた

手もとどかぬ

無限の高さ

無限の広さ

その空の中に

少年の心はいつも住んでゐた

その青の色は少年の笑顔であり

その灰色は少年の泣き顔である

そして太陽は少年の父であり

月は少年の太陽であつた

建ち並ぶ長屋の路地裏から

夕暮はサンマを焼く臭ひがする

地上の父は勤めから帰へり

地上の母はカマドに火をたく

少年はその路地に立って

屋根と屋根の間から

倦(あ)かずに空をみつめてゐた

夕べの空にくりひろげられてゆく

星の物語り

少年はその星たちの物語を聞いてゐた

少年の魂にその星の一つがさゝやきかける

君が此(こ)の世界にゐた時にね

─少年の中に次第に魂の昔が甦(よみがえ)つてきた

あゝあの一番光る星の中に私が生きてゐた事があつたつけ─

あの偉大な歴史の聖者たちと

共に働いてゐた事があつたのを

少年の魂ははじめてはつきり識つたのだが

地上の母の呼び声に一瞬

少年の魂は地界に還へり

多くの年月が過去として流れ去つてゆく間中

其の時の記憶は魂の外に表はれ出なかつた

少年は青年となり

壮年となつてゆき

地上界の様々な体験の中で

三界と云ふものを認識し

それを超える事に精進した

地上の父母も兄弟も

すべての地上界の俗縁は

もはや彼の因縁生の波状である事も

識つた或る夜の深い瞑想時

少年の日の魂の記憶を縁として

彼は一躍天界に昇(のぼ)つた

真我と個我の一体化

─光明遍照こうみょうへんしょう)─

遂ひに天地は彼の心の中で合体した

五井昌久著『ひゞき』より

こちらの記事もどうぞ

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...