2016-04

スポンサーリンク
NO IMAGE 著書

心の平安、心の平和⑥

(つづき)自分が平和になるということは、周囲も明るく照らします。周囲を照らせば、だんだん社会も平和になってゆく。 そういうように連鎖的に光明波動が世界中に広まってゆくのだ、といつもそればかり説いているわけです。 ...
NO IMAGE 著書

心の平安、心の平和⑤

(つづき)”消えてゆく姿で世界平和の祈り”というような、想いを換えてしまう、潜在意識にたまっている想いも、現われている想いも、不平不満の想いも、全部神さまに委ねて、神さまの大光明波動で浄めてもらう。そうしない限りは、人間は幸福になりません。...
NO IMAGE 著書

心の平安、心の平和④

(つづき)ただ単に病気を治す、貧乏を直すというような、現われている物事だけを扱うのじゃなくて、根本である本心と、潜在意識と、表われている意識とが一つになるような、そういう宗教運動がどうしても必要なんです。それを私が力説しているのです。 ...
NO IMAGE 著書

心の平安、心の平和③

(つづき)ところがそれがなかなか簡単に出来ないんですね。なぜ平和にならないかというと、自分の想いのせいなんですよ。 現われている想いも潜在意識も含めて、自分の想いが平和でないわけです。 しかし、顕在意識も潜在意識...
NO IMAGE 著書

心の平安、心の平和②

(つづき)だから好むと好まざるとにかかわらず、精神病になる原因のもの、癌になる原因のもの、あらゆる病気の原因、不幸、悪の原因という、内に潜んでいたものが全部吹き出してきているんです。 だから現われの状態を処置しただけではどうに...
NO IMAGE 著書

心の平安、心の平和①

(前略)最近、精神異常とかノイローゼとか、精神系統の病気の人が、突然に凶暴性を発揮して、人を殺したりする事件が多くなっています。 困った問題です。 一番問題なのは、精神状態が平和でないということです。 精神状態ばか...
NO IMAGE 著書

絶対なる感謝は神との一体化

統一ということは、 常に神さまのみ心の中に 入っていることです。 み心の中に入っている ということは、具体的に どういうことかというと、 お味噌汁をつくるのでも、 ありがとうございます、 ...
NO IMAGE 著書

光の門が開かれる時

(前略)光は業より強いのですよ。 けれど人間はそうは思わず、業のほうが強いものだと思っている。 それは間違いです。 この誤った考えを正すには、内なる光、守護霊守護神のことをひたすら想うことです。 これをつづけ...
NO IMAGE 講話(書き起こし)

我在るが故にすべて在り⑤(完)

(つづき)お釈迦さまの話を前にしたけれど、お釈迦さまが王様の城で話をして帰ってくると、乞食が前に立っていた。 その乞食の前や横をどうしても通れない。 それはなぜかっていうと、お釈迦さまは過去世の因縁がわかりますから、「あ...
NO IMAGE 講話(書き起こし)

我在るが故にすべて在り④

(つづき)過去世の因縁は、この世で果たすようになっています。 殴ったやつは殴られる、与えたものは与えられる、奪ったものは奪われる、ということは当然なんですね。 だから、例えば今、悪い境遇に置かれて、自分がどんないいことを...
スポンサーリンク