2016-04

著書

世界平和の祈りの効果

(前略) この世界平和の祈りを しつづけておりますと、 業想念波動の泥沼から、 知らないうちに抜け出でて、 生命の本源の 大調和した大光明波動の中に、 自己の運命が 昇華してゆくのであり、 ...
著書

宇宙人とは

(前略) 現在宇宙人といわれている人々は、 地球人類の肉体波動よりも 微妙な波動の体を まとっている人々です。 その波動はちょうど、 地球人類の幽体といわれる 波動と等しい波動です。 ...
著書

光明の柱

(前略) 世界平和の祈りこそ、 真理の言葉であり、 天と地をつなぐ、 光明の柱でもあるのです。 暗いコトバ、 汚れたことばを、 一度神にお還しして、 神のみ心で洗い浄められた、 ...
スポンサーリンク
著書

有りのままを認めながら在るがままに到る道(後半)

(つづき) 悪を悪とみまいとし、 不調和を不調和とみまい とするような光明思想は、 人間の自然な想いを ねじ曲げるようなもので、 真実の光明思想 というわけにはまいりません。 無理なく...
著書

有りのままを認めながら在るがままに到る道(前半)

(前略) 人間は神の分霊であり、 神の子であるのですから、 必ず救われる に決まっているのです。 ただ今日までのように、 業想念波動の現われである 悪や不幸につかまっていて、 世の中は...
著書

光明思想徹底の必要性

(前略) 人間の神性を 断々固として認めきらないと、 いつまでたっても、 善悪混淆の人類世界の姿は消えないで、 次第に善が悪に その光を奪われていってしまいかねない 状態になってしまいます。 ...
著書

誕生と往生④(完)

(つづき) そして往生の道を、より効果あらしめるためには、往生する前のこの世の生活において、神のみ心である、愛と真の生活を行じてゆくことが第一であると思うのですが、なかなかこの世の生活では、愛と真の生活が行じにくい、そこで私は、世界平...
著書

誕生と往生③

(つづき) ですから、現在泥だらけの真黒な心の人であっても、やがてはきれいに磨かれた光明体になるのですが、そのためには、あの世とこの世の生まれ変わりを何度びかつづけて、種々な体験を積み重ねて、遂いには、そのトンネル掘りの監督となり、指...
著書

誕生と往生②

(つづき) こうした真理がわからない限りは、肉体の死に対する恐怖がなかなか去ろうとはしないでありましょう。 また、あの世の生活が自己にとって、幸せになり得るものかということ、幸福な境界になり得る方法を知っておかなくては、これも死...
著書

誕生と往生①

問124 誕生と共に往生は祝事であると、お説きになっていますが、普通の人はそう考えません。どうして往生が祝事であるのか、ご説明ください。 答 往生とは読んで字の如く、生まれて往くということであり、生命があの世に往く...
スポンサーリンク