五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

誕生と往生④(完)

投稿日:2016年4月6日(水)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(つづき)

そして往生の道を、より効果あらしめるためには、往生する前のこの世の生活において、神のみ心である、愛と真の生活を行じてゆくことが第一であると思うのですが、なかなかこの世の生活では、愛と真の生活が行じにくい、そこで私は、世界平和の祈りという、愛と真を行じ安くする祈りを皆さんに伝えているのです。

この世界平和の祈りは、いつも申しておりますように、救世の大光明神霊団の働きが、そのまま現わされている祈りなので、この祈りを祈る人々は、その人のこの世の生活の善悪を問わず、救世の大光明の光が、その人の霊体を通り、幽体を通り、肉体に影響してまいりまして、その人の生活が明るくなり、その人の想念行為が愛と真の方向に進むようになり、その人の周囲の人々にも、その人の光が伝わってゆくようになるのであります。

善き往生を願われる人は、日常生活そのままでよいのですから、すべての想念を世界平和の祈りの中に投げ入れて、世界平和の祈りを根底にしての想念行為の生活を行じられるようにして下さい。これほどやさしい悟りへの道は他にないのです。

五井昌久著『宗教問答 (続)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.