2015-01

NO IMAGE 著書

霊とは

霊というのは神のことをいうのであり、知慧ある光のことなのであります。 いいかえれば、いろいろと物事を創案できる知慧をもつ太陽のようなものなのであります。 それが自己の想う通りに形をつくり、肉体人間のような形をもつくったのであります。 ...
NO IMAGE 著書

宇宙神の波動を表現する言葉

宇宙神というのは、とっても微妙な波動なわけです。 どれだけ微妙かというと、"無限"という言葉を使うより仕方がない。 肉体の方から考えたら判りませんからね。 無限なる愛とか、無限なる力とか、無限なる能力とか、無限なる速さとか、そういうよ...
NO IMAGE 著書

本心と業想念の区別

私は前にも述べてありますように、本心と業想念をはっきり区別することを、まず第一番に説いているのであります。 人間の本心は、人間の内面にあって分霊、直霊として、絶対神につながるものであります。 業想念とは、そうした本心から遠く離れた、肉体...
NO IMAGE 著書

守護霊守護神の位が上がる

守護霊守護神のことをほんとに知りますと、これほど心強いことはありません。 皆さんは耳にたこが出来るくらい聞いていると思いますが、もう一遍念を押しますと、一人の人間には必ず守護霊が三体(主守護霊と副守護霊二体)守ってるのです。 これは間違...
NO IMAGE 著書

神々天使と共に働ける私達であるために

やがて守護の神霊のみ姿を、一般の人々も五感に見うる日が来るでしょう。 それは宇宙人という名によって現われるかもしれません。 いかなる名前で現われようと、やがて天から救済の天使は現われてくるのです。 その時にその神霊たちと手を取って働け...
NO IMAGE 著書

母親のこと

聖ヶ丘道場でのご法話である。 「夏になると、うちの母親は氷水が好きなんで、よく飲むんです。 ところが私は氷ものは大嫌いでしょ。 そうすると、「後生だよ、お前、一寸、いっぱい飲もうよ」って言うんです。 しょうがないから一緒に店に入...
NO IMAGE 著書

祈りは想念以前の響き

祈りとは、人間がいろいろの想念(おもい)を、ひとまずそのままにしておいて、想念の起こる以前のもの、絶対なる宇宙の光明、神をただひたすら想いつづけることなのである。 そこには理屈とか、理論とかいう想念はない。 想念以前の直感だけである。 ...
NO IMAGE 著書

祈り心を基本にして生きる

祈りとは自己のいのちを神のいのちと直結させる、神のみ心に自己の想念を入れきって、自己の本心を輝かすということで、世界の平和を祈れば世界の本心の大調和が輝き出る、ということになるのである。 そういう祈り心を基本にして、そこから諸々の事柄を行...
NO IMAGE 著書

瞬間の切り替え

苦を苦とせず瞬間によろこびに変えられるようになることだよ。 高橋英雄編著『続々・如是我聞―五井先生の言葉』より
NO IMAGE 著書

心は録音機

心というものはいつも申しますように、録音機のようなもので、一度吹き込んでありますと、いくら抑えようとしても次々と吹き込んであることが現われてきまして、そのまま消え去ることがありません。 そこで、抑えつけようとしないで、それまでの想念や事柄...