五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


祈りは想念以前の響き

calendar

祈りとは、人間がいろいろの想念(おもい)を、ひとまずそのままにしておいて、想念の起こる以前のもの、絶対なる宇宙の光明、神をただひたすら想いつづけることなのである。

そこには理屈とか、理論とかいう想念はない。
想念以前の直感だけである。
赤子の心そのままである。

ただ念ずるのである。
ただ祈るのである。

”神さま、どうぞ私が貴方様と一体でありますように”と祈るその時、宇宙の真なる光は、その人を通して、素直に、真直ぐに、この地上世界を照らすのである。
それを真なる、善なるひびきという。

五井昌久著『心はいつも青空』より

こちらの記事もどうぞ

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...