2015-11

NO IMAGE 著書

消えてゆく姿がなくなれば世界は平和になる(後半)

(つづき) なぜ難しくないかっていうと、 こうやっていてもわかるんですよ。 たとえば、この間までいた お爺さん、お婆さんが いなくなっちゃった。 この世から 消えていっちゃったんですが、 それはいなくなったんじゃなく...
NO IMAGE 著書

消えてゆく姿がなくなれば世界は平和になる(前半)

(前略)たとえば痛い想い、 「痛い! あ、これは消えてゆく姿だな、 なんだかわかんないけど、 過去世のことが消えたんだな」 人に悪口を言われる。 「ああ、これが消えてゆく姿なんだな、 何か過去世において、 あの人に悪くし...
NO IMAGE 著書

永遠の生命の道に則って生きよう(後半)

(つづき)神さまから来た人類なんだから、どうして神さまのことを考えないのか。 神さまのみ心に合わせて、どうして生きられないのか。 肉体人間なんていうのは、自分で生まれてきたいって、生まれた人はないんです。 神の大きな力、大...
NO IMAGE 著書

永遠の生命の道に則って生きよう(前半)

(前略)政界をごらんなさい。与党と野党に分かれていますが、野党がダメだダメだとさかんに突ついています。 どうして人のあらばかり突いて、人の足を引っ張らなきゃいけないんでしょう。 そうしなきゃ偉くならないと思うんでしょうかね。自分...
NO IMAGE 著書

今日までの発展の形について

(前略) 地球文明が発展するためには、 どうしても一度は 肉体人間としての、 横のつながり(※)のための 活動をしなければならない。 (※目に見えるものを実在とする観点での、物質を主体にした活動) 横の活動を 推進してい...
NO IMAGE 著書

現在の人々がなさねばならぬこと

私は率直にいう。 神の力なくして、 地球の存続はゆるされない、 そういう時期に 今はなってきていると。 守護の神霊との一体化によって、 人々の精神と地球の物質波動とを、 宇宙の正しい波動に 合わせる働きをすることこそ...
NO IMAGE 著書

光明一念の生活者になる方法(後半)

(つづき)この生活は光明一念の生活です。 自分の都合で敵を認めたり、認めなかったりする生活ではありません。敵が無いとかあるとかいうのではありません。物質があるとか無いとかいうのでもありません。 この世に現われている、また現われて...
NO IMAGE 著書

光明一念の生活者になる方法(前半)

(前略)普通人には誰でも、この世の長い習慣で自分に都合の悪い人や、自国に不為になりそうな国を邪魔にする想いが出るに決まっております。それはそれで仕方がないと思います。 しかしそういう想念があるのに、それをごまかして、あたかもそういう想...
NO IMAGE 著書

私の直霊

私の直霊というのは、 『五井の大神』というのです。 五というのは 五つの神さまが集まっている。 五というのは中心の数で、 易でも中心になっています。 神道的にいえば、 五つの神さま。 井というのは、 街とか...
NO IMAGE 著書

私の悟り

(前略)誰でも救われる。 自分が神さまから来ているんだ、 ということがわかると救われる。 自分は 神さまから来ている分霊であるから、 神さまのみ心を現わしさえすればいい。 神さまのみ心は何かというと、 愛です。 ...