2016-01

詩・詞

富士山

富士山を見ていると日本人なら誰しも 心が美しく凛然としてくる 日本を守っている神々の瞳(め)が 富士山を仰ぎ見る人々の想いを 深い深いところ 高い高いところに吸いよせて下さる 世界の平和を築きあげる中心の...
著書

地球を救う唯一の方法

(前略)ここにおいて、地球を救う唯一の方法は、地球の生みの親であり、人類生命の親でもある宇宙大神にすがり切って、今後の生き方を指導していただくより仕方ありません。 人類の運命はというものは、二つの方向が定められていて、人間自体の業想念...
著書

動物のこと

(前略)動物にも守護霊がいて守っているのですよ。 犬や猫は飼い主と魄波動(※肉体要素のこと)が似ているから、因縁因果で飼い犬になったり、飼い猫になったりするのです。 ですから犬や猫を、自分の子供のようにかわいがるのは当たり前なの...
スポンサーリンク
著書

脳の海馬溝

(前略)過去からの想念波動の蓄積は、その脳の海馬溝というところにあるので、この海馬溝は、幽界霊界神界という、他の階層との交流点であるのです。 ですから想念波動の記録は、その交流点を通して、幽界から肉体頭脳に、肉体頭脳から幽界、あるいは...
著書

肉体在世時のイエスと釈迦

(前略)肉体が磔(はりつけ)になるまでのイエスは、神さまから言わされるそのままを言っている。もっと修飾して補正して言ってもいいことを、そのまま言っているところもあるし、いろいろと若い点があります。でも魂の序列というとおかしいけれど、霊位とい...
著書

万教帰一について

(前略)やがて、すべての宗教が真実に一つに解け合う時がくるのでありますが、これは自ずから解け合ってゆくので、無理に万教帰一という事にするのではないのです。(後略)五井昌久著『白光誌1959年10月号』より
著書

宇宙世界の一員に

(前略)後には宇宙時代、宇宙の星々に住むあらゆる生命と、地球人類との交流が自然と行われ、地球が文字通り大宇宙の一環としての働きをしてゆく、ということなのであります。 現在の文明程度では計り知れない超越した科学と、深い宗教精神のもとに結...
著書

皆さんの光が強くなってゆく

(前略)私でも、初めから光が強かったわけではないのですよ。 初めは光が弱いのです。 15年くらい前は、ちょっとした行者並みの力しかなかった。 それが、人のために尽くし、やがて、世界平和の祈りのような大きな祈りが出てきた。 ...
著書

私自身の祈りのあり方

(前略)私自身はどうかというと、心の中、想いの中で、”世界人類が平和でありますように”と、いちいち祈っているわけではない。 祈っているのではなくて、祈りがそのまま行動になっているわけです。 いのちがそのまま溢れているから、あえて...
著書

肉食をする時には

(前略)私も少量ですが、肉を食べますよ。 食べる前にちゃんとお祈りするから光が入ってゆく。 一頭の豚を食べるわけではないですよ。 わずかな肉だけれども、食べた肉を通して、一頭の豚に光が伝わってゆくのです。 光は波(波...
スポンサーリンク