統一時の雑念への対処法

(前略)

祈りをしているときに起こる雑念は、すべて消えてゆく姿としなければいけません。

祈り言を何たびとなく唱えて、想いが本心に統一してゆこうとしているとき、しきりに雑念が湧き起こってくることがよくあります。

そうしたときは、”その雑念を消えてゆく姿なのだ”と思いかえして、雑念の出るがままに祈りつづけるとよいのです。

いかなる雑念も相手にされなければ、やがて消えてしまうので、出てくる雑念をあたかも実在するもののように思って、相手にしている必要はないのです。

(後略)

五井昌久著『聖なる世界へ』より