五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

真理の追究と現世利益⑤

投稿日:2017年2月10日(金)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(つづき)繰り返しますけれども、自分が幸せになろうと思えば、世界の平和を願いなさい、祈りなさい。そうすれば自分が幸せになると同時に、その祈り心が世界平和のためにもなる。

ということは、自分が意義ある生き方が出来るわけです。そうすると、現世利益も出てくるわけです。

世界平和を願うという、広い人類愛の心だから、それは真理が現われている。それでしかも自分の利益にもなる。

それに加える方法として、嫌なことや悪いこと、自分の悪い想いも人の悪い想いも、すべて過去世の間違った想いの消えてゆく姿であって、消えてゆくに従って、いいものが現われてくるんだから、一日も早く消えるように、と願いながら、世界平和の祈りの中に入れてゆくと、祈りの中に入れたことによって、自分の業が消えると同時に、世界のためにもなる光が地球上に自分の体を通して振りまかれる。

だから自分もいいんだし、世界人類にもいいんだ、しかも深い真理も自然にわかってくる。

こんなに簡単でやさしくって、しかも真理を教えながら現世利益もあるという、一挙両得の教えはない、と説いているわけです。

物質面も恵まれてくるし、心の問題としても心がとても豊かになり、勇気が出てくるというふうに、私は説いているわけです。(つづく)

五井昌久著『空即是色―般若心経の世界』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2018 All Rights Reserved.