五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

相対界から絶対界へ

投稿日:2016年9月19日(月)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)

自分とか相手とかいっているのは、相対世界のことなのですが、形の世界はすべて相対界であって、絶対界は形の姿としては見当たりません。

そこで人々はどうしても相対界から抜け出し得ません。私のほうが、あなたのほうが、とやっているわけであります。

ここのところが、なかなか老子のいうような心の状態(※無為の心境)に踏み込み得ないところなので、どうしたらそうした絶対界の人として生活でき得るか、という問題が残るのです。

そこで私は、私たち人間は、大生命の分かれである小生命であって、お互いに(※魂、生命波動を)さかのぼれば、大生命の根源において、一つに結ばれているものである、ということを認識することを教えているのであります。(中略)

私といい、あなたといっても、大生命の光明をお互いに交流し合っている仲なのであって、相対的なようにみえても、絶対者において結ばれている私とあなたなのであります。

(後略)

五井昌久著『老子講義』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.