五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

形に把われない信仰を

投稿日:2016年9月13日(火)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)

一番大事なことは形でなくて心の問題です。心がいつも明るく素直に神様を敬いながら、人々と親しみながら、楽天的な気持ちになって、要するに神様の愛を信じて、神様に全部任せて、悠々と自分の天命を完うしてゆけばいいのです。

自分の置かれた立場で一生懸命やっていけばいいわけです。 形の問題は二の次です。

神棚がなければいけないというもんじゃない。仏壇がなければいけないというもんじゃない。あればあるでいい、なければないでいい。

神棚がなければ神様が降りてこない、そんなに神様は不自由ではない。神様があんなちっぽけな神棚のみにいて他にいない、 そんなバカなことはないでしょう。

そうかと思うと、人が亡くなったから神様を拝んではいけないだろう、忌中とかいって、 神棚に白い紙を貼って、 神様を拝まない。そんなバカなことがあるかっていうんだ。

そういうくだらないのが、常識にとらわれたというのです。

神様の前に出るのだから、うがい手水に身を浄め、というのはいいけれど、それは心の問題であって、いそがしい時にそんなことやっていられないでしょう。

咄嗟の場合、神様に助けてもらう時、例えば難船などして今にも沈みそうな時に、うがい手水に身を浄めるなんて一体どうやる(笑)

そんな馬鹿なこと出来ないでしょう。実用向きじゃない。そういうのは信仰じゃない。形に把われている。心が真っ直ぐ神様につながっていればいいのだから、うがい手水に身を浄めなくてもいいのです。

(後略)

五井昌久著『魂が大きく開く時 (聖ヶ丘講話)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.