宇宙人や円盤が現われた時にわかること

ここに来て座っていることは、どれだけ得をするかわからない。
知らないうちに何百年分の業が浄まっていくのです。
それがあとでわかります。

世界平和が出来るときに、自分たちは浄まってよかったなあ、ということがよくわかる。
宇宙人や円盤が現われた場合に、ああ浄まっていてよかったなあ、この仲間になれてよかったなあ、ということがハッキリわかるときがくるんですよ。

宇宙人の世界は波動がとてもきびしい。一つの汚れがあっても交流できません。

肉体にまつわるいろんな想いは駄目だ、というんです。
それをなくさなければ宇宙人と交流できない。
とってもやかましいんですよ。

波動を汚すと一遍に叱られます。
そばにいる人は年中です。
それほど波動、想いの波が大事なのです。

五井昌久著『魂が大きく開く時 (聖ヶ丘講話)』より