五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

動かなければいられなくなる心とは

投稿日:2016年9月12日(月)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)

本当の意味で神さまのみ心に入っていれば、その人は動かないではいられない。しかも無駄な動きはしない。動いているけれども無駄ではない。すべてがピッピッと叶ってゆくように、自然になるわけです。(中略)

宗教の教えを聞いている人は、とても片寄る人が多くて、”神さまにおまかせすればいいんです、全託なんです”と言うと、全部おまかせしてしまったような気持ちで、やるべきこともやらないで、悠々としている人もあるんです。

それはおまかせじゃない。やるべきことはやらなくてはいけない。

ご飯は炊かなきゃ食べられないのに、自然に炊けちゃって出来ちゃう。どこからかお金でも飛んできて、なにか奇跡的にパッと現れるような感じがしている。極端な言い方だけど、そういう人があるんですよ。

おまかせするということは、神さまの中に入ることです。神さまのいのちは生き生きと動いているんです。そして、すべてを生かす働きをしているんです。そこへおまかせすれば、すべてを生かすために、動かなければいられなくなる(中略)

当たり前のことを標準にして、当たり前以上に動いていなければ、これは宗教精神として立派だということにならないんです。当り前の線が一つあって、それをいつの間にか超えている、そういう生き方に自然になることです。

それを日常生活を放り出して、ただお祈りだけでいいわけがない。日常生活もちゃんと出来ると言うことでなければダメです。

(後略)

五井昌久著『悠々とした生き方―青空のような心で生きる秘訣 聖ヶ丘講話』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.