五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

悪や不幸を欲しないなら……

投稿日:2016年9月26日(月)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)

悪や不幸や戦争など欲していない人間が多く住んでいる世界で、どうしてこうも、悪や不幸災難に充ち、いつも戦争の脅威にさらされているのでしょう?

自分自身が、そうした悪や不幸災難の世界を少しも抜け出ようとはしないで、人々はただ、そういう世界は嫌だ、戦争は嫌だ、と叫んでいるだけなのです。

まりにゴムひもをつけて投げているようなもので、まりはいつも自分に還って来ます。

そういう世界が嫌だったら、そこにゴムひもをつけてはいけません。投げっ放しにしなくてはいけません。

すべての悪も不幸も災難も、それは過去世から今日に至るまでの、神の分生命の自己を忘れて、業生だと思い込んでいた、その想念行為の結果の消えてゆく姿なのです。

これで消えてゆくんだと思いつづけて、神のみ心の中に入り込んでしまっていればよいのであります。

(後略)

五井昌久著『直言・提言・進言』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.