五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

本当の自由をつかむために

投稿日:

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)いのちが真っ直ぐに、いのちそのままに動いていれば、心臓も丈夫なら、肺臓も丈夫、頭も丈夫なわけです。(中略)

少しでもいのちが損なわれると病気になったり、不幸が出てくる。それは信仰、無信仰、唯心論とか唯神論を度外視して、誰にでもわかることです。

医学上でもそうなんですから、いのちを健やかに自由自在に生かしてゆくためには、いのちの自由自在性を阻害するもの、邪魔するものを除外すればいいわけです。

いのちがあるがままに生きているのを邪魔すると、人間の自由自在性が奪われて、いのちは不自由になり、病気になったり、不幸になったりする。(中略)

本当の自由というのは、肉体の自由じゃなくて、いのちの自由なのです。

肉体が縛られていても、いのちが自然に自由に動いているという、そういう形へ持ってゆくのが宗教なのです。(後略)

五井昌久著『空即是色―般若心経の世界』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2018 All Rights Reserved.