五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

業想念を超えよう(後半)

投稿日:2016年8月3日(水)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(つづき)

人間とは可笑しなもので、幸福を追い求める想いがあるから、自分を不幸だと想い、よく生きたいという想いがあるから、死にたい、という反対表現をする。

幸福を求めながら、不幸だ不幸だと自己を不幸という想念の渦に巻き込んでゆき、生命をよりよく生かしたいと思いながら、生命が枯渇する暗黒の思想の中に自分を追い込んでゆく。

(中略)

こうした人たちの想念(おもい)の誤りは、まず神を知らず、神の愛を信じないところから起こるのである。

一回じっくり落ちついて、自分は一体どこから生まれて、どこへ行くものか、自分の心臓を動かし、肺臓を動かしている生命とは何か、ということを考えてみることである。

しかし、いくら考えても、こうしたことはわからない。

判らないということが判ったら、自分で判っても判らなくとも、たゆみなく自分を生かしつづけてくれる、大きな力があることを信ずるがよい。

その力に任せきるより仕方がないのが肉体人間なのだ。

大きな力は、生命として人間に働いている。

人間は生命を無視することは絶対に出来ない。

神は太陽となり、地球となり、食物となり、様々な姿となって、人間を生かしつづけているのだ。

肉体人間の文句をいう権利が一体どこにあるかを、お互いに反省してみようではないか。

(後略)

五井昌久著『心はいつも青空』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.