一人の人間は神々の光の統合であるということについて

(前略)

想ったところが自分なのです。

だから無為にしてなせば、奥の奥のどこまでも行くわけです。

それをたいがい自分というと、一人いるような気がするのですよね、ここに……。

自分というのは一人だなんて、とんでもない話です。

一人ではなくて、神々、あらゆる光が総合して生きているのです。

だから私は、たいがいお話しているとき、”私たち”と言っているでしょう。

”私”というのはあまり使わない。

体からいえば”私”だけれども、働きとしてはすべて、”私たち”なのですね。

”私”などという個人はないのです。

個人があるという人は、まだ悟っていない。

(後略)

五井昌久著『白光誌1964年2月号』より