五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

神の世界に生きるために知らなければならないこと

投稿日:2016年9月21日(水)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)

自己の身近にいかなる悪と見え、不幸と見えるような事態が起こっていようとも、自己がこうして生かされていること、そのことそのものが有難いのだと思える人、その人の環境からは、悪と見え、不幸と思える事態は、必ず速やかに消え去ってゆくであろうことを、私は確信しているのです。

何故ならば人間は、自由自在なるさわりなき神から来たものであるから、カルマがあるわけではないのです。

それが”ある”ように観えるのは、過去世からの、神から離れた想念がそう観るものであって、想念の慣習が、悪や不幸を観念の上に固定化させてしまったのです。

ところがカルマ的想念、悪や不幸に自己の心を把われず、自己の生命がそのまま生きている、生かされている、ただそれだけに感謝出来得る心境の人にとっては、神がそこにそのままさわりなく生きているのであり、輝いているのであり、カルマ的想念はすでに消え去っていて無になっているのであります。

ですから、現実面においての客観的不幸も、やがては消え去ってゆくのは定まった事実なのです。

それは、過去世から蓄積されていた分だけのカルマが出切ってしまえば、その後にカルマ的想念、悪や不幸の想いを出していないのであって、その人の運命の中に、悪や不幸が蓄積されようがないから、その人の置かれた立場は、神の心だけの世界、光明、愛、神・善・美の世界だけになってくるわけなのです。

(後略)

五井昌久著『白光への道』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.