五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

すべてを創造したひびきを己が意識として生きる時代が来た

投稿日:2016年9月28日(水)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)

ことばが神そのものであり、光そのものであり、すべてを創り出した“ひびき”そのものでありますから、この言の中に入り込んでしまえば、すべての力が人間にも備わるわけなので、そうすればよいわけです。

古来からの聖者は、皆その道を目指して精進して、やがてその根元の力と一つになって、衆生済度の歩みをはじめられたわけです。

実際にこの宇宙は神のみ心、“ひびき”そのものでできているのです。“ひびき”を言というのですが、この“ひびき”はあらゆる創造力をもった叡智そのものの“ひびき”であり、大調和そのものの“ひびき”なのです。

その“ひびき”(律動・波動)が根源になって、いろいろな階層の世界ができているので、神霊の世界は光明波動そのものでよいのですけれど、霊界から幽界、肉体界とその働きを現してゆきますと、次第に波動の働きが粗く、緩慢になって、光明の“ひびき”そのものが想念波動となり、想念波動から肉体的行為となって、物質の地球世界が出来上がっているわけです。

三千大千世界と釈尊がいっているように、本源の言葉の“ひびき”によって出来上がった世界は無限に近くあるのです。この物質の地球世界は、その下層の世界の一つとして存在しているので、地球は次第に進化して、本源の世界に近づいてゆかねばならぬのです。

そのための一つの大きな進化の時が、現代はもう始まっているのであります。

この時代は物質文明文化だけで進んできた今日までの歴史をはっきり書き換えるような、神人一如しんじんいちにょの世界になってくるのです。ただ単なる精神時代というのではなく、神霊の世界と人類世界との綿密な提携によって、地球を大きく進化させるわけなのです。

ここでもう一度考えておく必要がありますのは、この世の中は本源の世界が、言葉の“ひびき”によって出来ていると同じように、やはり“ひびき”、つまり波動で出来ている世界であることは、私が常に申し上げております。

原子、素粒子というような存在が物質の素ではなく、それも波動の現れであるという科学の学説も現れ始めていて、単なる物質論、精神論などとは異なった、波動の研究というのが本格的に始められようとしているのです。

いよいよ、『言(ひびき)は神なりき』の真理が、現象世界にもはっきりわかってこようとしているのです。

(後略)

五井昌久著『聖なる世界へ』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.