五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

神霊人間観を身に付ける生活方法

投稿日:2016年3月7日(月)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)諸行無常、すべてが変化変滅してゆくのがこの世の自然の姿です。ただ常住なるものは何か、といいますと、神のみ心そのものだけです。

ですから人間は、すべては消えてゆく姿として、神のみ心の中に、すべての想念行為、現象を入れきってしまえばよいわけなのです。

消えてゆく姿という想念で神のみ心に入りきってしまうエスカレーターとして、世界平和の祈りという、神のみ心そのものである人類の大調和世界顕現を願う祈りごとを、日常生活の一瞬一瞬の間においても実行しているのであります。

こういう日常生活というものは、すべての現象を無理に善なりと思おうとするわけではなく、自然と悪や不幸や、自他の想念の誤ちに把われなくなってしまい、いつの間にか、真実の光明思想の生活になってしまうのです。

肉体人間、物質人間観が、自然と神霊人間観になってしまう易行道の光明思想が、消えてゆく姿で世界平和の祈りなのであります。(後略)

五井昌久著『霊的存在としての人間』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.