五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


人間が本質(神性)を顕して生きる時代が必ず来る

calendar

現在のようになる前は、私も何もわからなかった。人の話を聞いて察することはできましたが、見えないものは見えなかったのです。今になってみれば、見えなくたってみんなわかっているし、聞かなくても内容がわかる。

普通の人は、肉体の目でしかわからないんだから、会わない人のことなどわかりっこないですよね。ところが会わない人だってわかります。あなた方が私に尋ねようとする人のことは、あなた方の口から言われないうちから、どんな人だかわかってしまいます。

どうしてわかっちゃうのか?肉体が見ているわけじゃありません。私の肉体の目では、遠くにいる皆さんの顔つきもよくわかりません。だけどわかっている。何がわかっているかというと、中の力がわかっている。

中の力とは何かといいますと、直霊であり、守護神である神の力がそれを見るわけです。中の心眼でわかるわけです。肉体の目で見るんじゃなく、神の目、もっとも微妙なる波動の中から向こうを見ているからわかるわけです。

そういう人たちに、やがてみんながなるわけです。そういう人が世界各所にいるわけです。肉体だけに把われていない。もっともっと広い広い、もっと本質の人間として生きるような世界が必ず来るに違いない。

必ず来るんです。私たちがそこにいるんだからね。

それだから皆さんも成るに決まっている。ただ時間の問題です。そうすると、宇宙人のように素晴しい人間になるわけです。

五井昌久著『内なる自分を開く―本心開発メソッド』より

こちらの記事もどうぞ

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...