五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

我々のやり方(前半)

投稿日:2015年6月3日(水)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)宗教の運動というものが、一宗一派に把われていますと、この地球はいつまでたってもよくなりません。

あらゆる国の、あらゆる民族の、本当に神様のわかった人、本当の真理のわかった人たちが寄り集まって、地球を救うという時代に、今はさしかかっています。

ですから、自分の会だけ大きくなればいいと、会員数を三百万だ五百万だ、と誇っているような行き方というものは、道に外れてゆくわけです。

人類愛に満ちている、本当に人間を愛する人たちが上に立って働かないことには、神様が働かない。だからこの地球は滅びるということになります。

我々の行き方はどういうものなのかというと、一にも二にも世界人類の平和を祈ること。

己(おの)が幸(さち)願う想いも朝夕の世界平和の祈(の)り言(ごと)の中
この和歌の通りなのです。

自分のうちの幸せも、病気が治ることも、貧乏が直ることも、商売が繁盛することも、すべて世界平和の祈りの中に入れて、世界平和の祈りがもっている大光明波動によって、自然と自分たちが浄められて、その浄められた順序に従ってよくなってゆく。

病気が治りたいから世界平和の祈りをする、貧乏が直りたいから世界平和の祈りをする。それも初めの二、三年は結構です。

だけど、本当に世界平和の祈りがわかってきたならば、病気が治りたいという想いも、金持ちになりたいという想いも、地位が上がりたいという想いも、すべて平和の祈りの中にとけこませる。

神のみ心がお金持ちになるほうがいいのならば、お金持ちにしてくれるでしょう。病気がすっきり治っているほうがよければ、すっきり治してくださるでしょう。地位が高いほうがよければ、地位を高くしてくださるでしょう。それは神様(守護神様)のみ心なんです。

病気になって、その苦しみの中から魂が立派になることもずいぶんあります。ですから、病気をすることは必ずしも悪いわけではありません。過去世の因縁の消えてゆく姿として、病気するかもしれない。あるいは人の想いを受けて病気するかもしれない。

どういう形で病気するとしても、病気になったら病気になったことがいいんですよ。病気をしている間に何かを悟る、魂が練磨される、ということが大事なんです。

そこで、病気も貧乏も、あるいは友人知人から悪く思われたりすることも、(いい行ないをして、人のために尽くしたのに、かえって恨まれたりする場合があります)すべて過去世の因縁の消えてゆく姿として、いろいろ現われてきます。

そう現われた時が大事なんです。自分の生活にいやなことが現われた、そこが一番大事なのです。(つづく)

五井昌久著『内なる自分を開く―本心開発メソッド』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.