五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


太陽への感謝

calendar

(前略)

肉体人間の力では、水の一滴、少量の空気でさえも、神の基本的要素を使わなければ、生み出すことが出来ないのです。

その事実を正直に見つめる必要があるのです。

その事実を正直に見つめてまいりますと、何もの何ごとにつけても、感謝の心が起こってきます。

昔から行なわれておりますのは、太陽への感謝行です。

太陽に対する感謝行というのは、特に宗教的という立場に立たぬ人でも、昔からしておりますが、こういう素朴な感謝行こそ、頂き直す生き方の根本的な生活態度といえるのです。

太陽の光がなければ、万物が生育致しませんし、人類も生きることが出来ません。

太陽光線は、まさに神の御恵みなのです。

(後略)

五井昌久著『聖なる世界へ』より

こちらの記事もどうぞ

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...