五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

闇の思想を光明思想に変える生き方③

投稿日:2015年10月14日(水)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(つづき)なんでもかでも善いほうに思おうとするのは、実によいことだはと思うのですが、無理に心が納得しないのに、善いことだ善いことだと心に押し付けていたり、悪い人だ、悪い人だと、自然に想いのほうでは思えてくるのに、善い人だ、善い人だ、と無理無理思おうとしたりしていると、なんだか心が苦しくなってきて、体を悪くしたり、反動的に身近なものにあたりたくなったりしてしまいます。

体が悪いのに病気でないようにみせたり、人に対する憎しみの想いや、嫌悪の想いがあるのに、そんな気持ちは少しもないように、あの方も善い人で、この方も立派な人で、とやっていると、ついそれが習慣性になってしまって、人ばかりか、自分の心をもいつの間にか騙してしまう、いわゆる偽善者になってしまって、正直な感情を出せない人間になってしまって、他の人から見ると、何か奥歯にはさまっているような、何か本ものでない、正直でない人という印象を受けるようになってしまうのです。

ここが光明思想の道に入った人の陥りやすい欠陥でありまして、このやり方が他人への説教として現わされた場合には、説教されているほうがまったくたまらなくなるくらい、出来そうもない事を、すぐにでも出来るように説教してくるのです。

実際に病気であるものを、病気ではないと思おうとしたり、現実に悪いことをしている人を善い人と思おうとしたり、汚いものをきれいだと思おうとしたりすることは、実にむずかしいことでありまして、人間の感情がなかなかそうは思わせないものなのです。

神のみ心は確かに完全円満であり、悪や不幸や不調和のない世界でありますが、肉体人間として生まれてきた、この物質的地球世界には、まだ神の完全性は、その全貌を現わしきっていない、過渡期なのでありますので、この地球人類の世界には、悪も不幸も病気も災難も存在することは事実なのです。(中略)

私どもは、現在は悪や不幸があるけれども、これは霊的人間が、分霊魂として、この肉体世界の生活を始めた時から生じた、神の微妙な波動との隔たりによって生じた業(隙間)なのであって、霊的人間が、肉体人間の波動に融合しきって、微妙な波動にも粗い波動にも、自由に変化できるまでに進化してくれば、その業は消えてゆく姿として消え去って、神のみ心そのままの完全な世界が、この地球世界にも実現されてくるのである、というのであります。

そこでどうしても現在の、悪や不幸の消え去ってしまう期間だけは、人間の苦悩の生活はなくならないので、その苦悩の期間が一日でも短くなるように、守護の神霊への加護を願って、心から世界平和の祈りを唱えつづけてゆこう、というのです。(つづく)

五井昌久著『宗教と平和』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.