祈りはいのちの発露であり願い事ではない

何かお願い事をすることを祈りと思ったら間違いですよ。

お願いは念力です。

ひどいのになりますと、願をかけるんですね。

それで何か助けてくださいと祈る。
それを祈りだと思っているけれど、違うわけです。

それが叶(かな)わないと、あの神はニセ神だと文句を言う、ケチをつけるのがある。

しかし、これは自分勝手であって、神さまの知ったこっちゃないです。

祈りというのは、自分の本心(神性)が発現すること。

自分に与えられた生命というものが、そのままさわりなく、スーッと現われてゆくことが祈りなのね。

五井昌久著『私に荷物を預けなさい (聖ヶ丘講話)』より