五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

恋愛講義

投稿日:2015年7月20日(月)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

今の人たちは俗の言葉でいえば惚れっぽすぎますよ。男の人と女の人がすぐに、好きになったり嫌いになったりする。本当に安直に、好きだとか嫌いだとかになり過ぎている。

それは自由のはき違えなのですよ。

もっと自分というものを高く維持しなければダメです。自分の尊厳性、人間の尊厳性を高く求めなくてはね。

安直に好きになったり嫌いになったりするというのは、自分を惨(みじ)めにして、自分を馬鹿にしているのと同じなんです。

そういうんじゃなくて、もっと自尊心をもって、本当に見定めなきゃいけないですよ。見定めるまで辛抱するくらいな、辛抱強さがなければならない。

手当たり次第に、そばにいる人が皆好きになったり嫌いになったりする人がある。本当に若い時には……・。

だから二十か二十一、二の恋愛なんていう程、あてにならないものはないんです。そばにいて、親しく付き合う者が好きになるんですからね。近づく機会のある人が好きになってくる。それではダメなのです。

そこでやっぱり、恋愛というよりは、親とか親戚とか、先輩とかが薦めたもので、しかも自分がいいと思うものを選んだ方が、男の人にとっても、女の人にとってもいいと、私は思うんですよ。というわけで恋愛講義になっちゃった、今日は。

五井昌久著『責めてはいけません-聖ヶ丘講話』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.