最終段階に入るにあたって

五井先生がおっしゃっている。

「今日から始まる神事は、人類が持っている否定的なものを光に変容させるためのもの。

そのために今あなた方が必要なんだ。

明日では遅い。

一ヵ月後でも遅い。

春が来たらでは遅い。

今この瞬間から始めるのだ。

心して、覚悟して、命をかけて、自らに誓うのだ。

それだけの覚悟がなければ、永遠に否定的な言葉は生きつづける。

ますます力を得てゆく。

戦争を防ぐのは大統領でもなければ、宗教者でもなければ、賢人聖人ではない。

戦争を防ぐのはひとりひとりの心だ。

ひとりひとりの心の中から、憎しみ、報復、怒り、差別がなくなったときに、即平和は訪れる。

人々の心の中から、否定的な言葉を浄めて、光に変容してゆく最終的な段階に入った」

富士聖地行事(2009年2月1日)での西園寺昌美先生のお話から