五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

守護の神霊への感謝の大切さ

投稿日:2016年8月15日(月)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)

世界平和の祈りというのは、個人個人ではなくて、全部が一丸になって大きな光、救世の大光明とつながり、横に肉体を通り幽体を通って広がって、世界人類にズーッと光明が流れてゆくわけなのです。

信じようと信じまいとそんなことに関係なく、光が流れてゆく。

深く信じる人のほうが早く本心を開発するけれど、信じない人のところにも、太陽がまんべんなく照らすように、救世の大光明が行くわけなんです。

そういうのが平和の祈りなんです。

その元は何かというと、やっぱり守護霊守護神への感謝なのです。

守護霊さん有難うございます、守護神さん有難うございます、いつも守っていて下さって有難うございます、という感謝の中から、救世の大光明の中にみんなが入って来たわけなんですよ。

だから私は、「いつも守護霊守護神への感謝を忘れてはいけない」と言うのです。

大神さまがすぐ助けてくれるわけじゃないんです。

(後略)

五井昌久著『魂が大きく開く時 (聖ヶ丘講話)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.