スポンサーリンク

良いも悪いもない ~ 有りのままの受容

(前略)この世の中には本当は、いけないとかいいとかはないんです。

ふつうの人はすぐ、「これをやってはいけない」、「あれはやってもいい」とか言いますが、いけないいいではなくて、やる時にはやってしまうんです。

いけないとかいいとか言ったって、やってしまうんですよ。(中略)

いいですか。いけないとかいいではなくて、そうなってくるんですよ。

それを今までの宗教家がよく知らないんだ。

それで、「これをやってはいけない」、「あれをやってはいけない」、「お前はいけない」と、こう言っていた。

私はそこをよく知っている。

“いけないいい”の問題ではなくて、現われてくるものは現われてくる。

消えてゆくものは消えてゆく。

映るものは映る。

それはすべて、神さまのみ心、自分の本心が現われるためのものだから、どんなふうに悪く出ようと、善く出ようと、有難いのだ”、とこういうのですよ。

わかります?(後略)

五井昌久著『空即是色―般若心経の世界』より

著書
スポンサーリンク
五井先生に学ぶ