神我一体への近道

肉体生活をそのままに、
心が安心立命してゆくためには、
自己が真・善・美の想念と行動をしながら、
守護霊・守護神への祈りを、
毎日欠かさぬようにしてもらいたいと望んでいる。

それが神我一体に入る一番の近道である。(後略)

五井昌久著『神と人間―安心立命への道しるべ』より