五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

生活の中での祈り方

投稿日:2015年7月24日(金)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

私が教えているのは、気楽にのんびりと、日常茶飯事をそのままやりながら、いつも、どんなことがあっても、一瞬一瞬が消えてゆく姿なんだなあ、世界人類が平和でありますように、とやることです。

形に把われたら形がまただめになります。

一応、形があって統一しますけれども、ふつうは当たり前で、歩いていてもいい。

わざわざ形を整えてやらなくてもいいんです。

整える時は整えていいんです。

ここ(道場)にいる時は、みんなが整っていれば整えたほうがいいんです。

けれど家の中で、掃除をして、はたきをかけていても、掃除機をかけながらでも、また、物を売りながらでも、ハイ有難うございます、世界人類が平和でありますように、この人の天命が完うされますように、とやればいいでしょう。

役所でハンコを押すんでも、ああ、世界人類が平和でありますように、とやればいいわけです。

一つの字を書くんでも、物を売るんでも、お裁縫をするんでも、世界人類が平和でありますように、というのが心の中にあって、日々の生活をすることが世界平和の祈りの運動なんです。

五井昌久著『永遠のいのち―本当の自分に出合う 聖ケ丘講話 (聖ヶ丘講話)』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.