五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

人間に一番大事なものは何か? ⑦

投稿日:2016年7月17日(日)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(つづき)

肉体人間となりますと、大半が現象世界だけに住んでいる感じで生活していますので、自己の本体である神霊界の意識がないのであります。

肉体人間としてこの世に住みながら、はっきり神霊意識をもち、自己の肉体身を自由自在に扱える人を覚者というのですが、そういう人はわずかしかおりませんで、大半がこの現象世界の自己という想念波動に振り回されて、神霊の本心を忘れ果てているのであります。

そこで守護の神霊のほうでは、この世の幸不幸というより、いち早く生命の実の相を人々に知らせたいと思って、種々な環境にこの世の人間をおいて、修行させるわけなのであります。(中略)

なんにしても一番大事なことは、生命というものが永遠性のものであって、自己の肉体にのみ存在するものではないということを、はっきり知ることに努める心がけなのです。

永遠につながる自己の生命を、素直にそのまま働かせるということ、生命をけがさないということの大事さを、しっかり認識しなければいけないのです。

生命というものは、神のみ心そのままに動いているときが、一番生き生きとしている時なので、いつも生命を生き生きと活動させていることが、個人にとっても人類にとっても貴重なことなのです。

(つづく)

五井昌久著『神は沈黙していない』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.