五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』


本当の人間(神人)は神と全く一つである

calendar

いつもいいますが、人間というものは、簡単にいえば二つになっているのです。

なんの誰某という自分と、本心本体、神そのものである自分という、二つです。

どちらが本ものであるかというと、神様である自分が本ものです。

よく、人間は神様になれっこないとか、人間だから仕方がない、といいます。

しかし本当の人間というものは、神人というものは、神と全く一つなんです。

ということは、この世の中に現われているものの中で、神様がお創りにならないものはないんです。

本当のものは全部神様がお創りになった。

それに神様の生命エネルギーを人間は持っていますから、そのエネルギーを使って人間が作ったものがある。それは何かというと業なのです。

神様の中には、悪いものは一つもあるわけはない。神様は全体で、完全円満、大調和です。人間はその神様の分生命だから、調和そのままなんですよ。

ところが実は、この世の中というものは、悪はあるし、不幸災難もあるわけです。どうしてそうなっちゃったのか。

それは人間が肉体に入ってきてから、神様の力を忘れてしまったのです。自分の本体を忘れてしまったのです。

そして自分は肉体の人間だ、五尺何寸の人間だ、私とあなたは違う、AとBとは違うというふうに、みんな別々に考えているわけです。

今でもそうでしょ。みんないのちが通い合っていることがわかりません。

形が別だから、あの人と私とは違うと思っています。ところが底を探りますと、みんな一ついのちに結ばれています。

そこであらゆる宗教は、みんな人間は兄弟姉妹だと、みんな一ついのちに帰一するわけです。

みんな神様のみ心の中にあるわけです。

そういうことがわからないとだめなんです。(後略)

五井昌久著『内なる自分を開く―本心開発メソッド

こちらの記事もどうぞ

folder 著書

more...

folder 詩・詞

more...

folder 講話(書き起こし)

more...