覚悟を決めて明るく生きる

(前略)過去世から積んできたものは、みんなこの世の中で、この肉体をもったままで消してゆけば、それは非常に楽に消せる。肉体の亡くなった幽体の世界で消すには大変な苦労です。

だからあらゆる苦しみが来たって、ああ肉体で受ける苦しみはたいしたことないんだ。幽体へ行ったら、もっとこの何層倍も苦しいんだ。例えば痛みがあっても、ああこの痛みを幽体で受けるよりもっといいんだ、というふうに思ったらいいんです。

そういうような想いになると、それはあまり苦しくなくなる。覚悟していれば苦しくないんです。(中略)

あらゆる自分に都合の悪いことが現われてきても、痛みや病気や不幸が現われてきても、それはあくまでも、過去世の因縁の消えてゆく姿であって、自分の本心が、その不幸とか災難とか痛みとかが現われたことによって、それだけ開いたんだから、ああこれで私はまた霊界の地位が上がったな、とそういうよう思うんですよ。

そうすればその人はいつも明るい、どんな不幸がきても、明るい顔をしていられるわけです。(後略)

五井昌久著『自由解脱への道―聖ケ丘講話』より