五井先生に学ぶ

今改めて学ぶ『人間と真実の生き方』

想いをためない練習を

投稿日:2016年1月2日(土)

    文字サイズ  
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A

(前略)
皆さんもつねに世界平和の祈りで、
いつも光の中に入っていますと、
業想念をためておかなくなる。

ためておかなければ、
どんどんなくなってゆく。

ドブ川は
どうして汚れているかというと、
ドブ川には
流れというものがないからです。

流れないで、たまっている。
たまり水からどんどん汚れてゆく。

しかし、
山の川などはきれいに澄んでいる。
流れが速いから。

流れが速ければ速いほど、
きれいになってゆく。

そういう意味で、想いを
ためておいてはいけないです。

それが良い想いであろうと、
悪い想いであろうと、たまったら
流れが止まってしまうのです。
止まれば汚れてしまう。

そこで想いというものを、つねに
流しておかなければいけない。
どんどん流しておく。

だから、
”あのヤロウ、このヤロウ”
と思ったら、
”世界人類が平和でありますように”
と祈って、
”あのヤロウ、このヤロウ”
を祈りの中へやってしまう。

”ああ、恐ろしい”と思ったら、
恐ろしいと思う想いを、
世界平和の祈りの中へ入れてしまう。
(中略)

想いをためてはいけません。
想いをためない練習をすることです。
それが祈りというのです。

五井昌久著『高級霊(ハイスピリツト)は上機嫌』より

Copyright© 五井先生に学ぶ , 2017 All Rights Reserved.