神と太陽と人間の関係

(前略)
神は光そのものであり、
太陽は神の光をはっきりと
表面に出している
存在だったのです。

太陽にも物質的に見える
光がありまして、
生物はその光によって
生かされているように見えますが、
実は生物を生かしているのは、
物質的光と見える奥の、
生命そのものの光が、
生物に働きかけて
生かしているのであります。

太陽の奥の光も、
人間の本体の霊光も、
一つのものでありまして、
宇宙神の大生命の
光の分かれであるのです。
(後略)

五井昌久著『白光誌1980年5月号』より